So-net無料ブログ作成

日産 サービスキャンペーンのお知らせ [Car]

10月7日にディーラーの営業担当さんが、ダイレクトメールを持参で説明に来てきてくださったようですが、あいにく私は留守でした。家人から封筒を受け取り、確認してみたところ…

Recall.jpg
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
ラフェスタのサービスキャンペーン!(受け取ってありがたい内容ではないのですが)
下記に日産HPの内容を貼り付けておきます。

早速予約の上、14日にディーラーにて対応していただきました。

作業内容は前輪緩衝装置の継手部の点検、およびダストカバーの交換と遮熱板の追加というもので、所要時間は当初の説明どおり、ちょうど2時間で完了しました。
寒冷地にてダストカバーの硬化が発生した事例が数件あったとのことで、わが家のラフェスタは問題なかったようですが、とりあえず対策をしていただいて一安心。

ラフェスタ以外にも、ティーダ(C11系)、ティーダラティオ(C11系)、セレナ(C25系、C26系)の一部が対象となっております。車種によって異なりますが、平成16年9月~平成24年4月の製作期間(購入時期ではおりません)に対象車があるようです。

該当のオーナーには、ダイレクトメールやディーラーなどから連絡があるかと思いますが、気になる方は日産のHPあるいはディーラーで確認してみてください。

--- 以下、日産のHPより ---

2012/10/04 ティーダなど4車種のサービスキャンペーン
http://www.nissan.co.jp/RECALL/DATA/121004s.html

<不具合の内容>
前輪緩衝装置の継手部(ロアボールジョイント)において、山岳路走行等での過酷な制動によるブレーキローターの熱によりダストカバーが硬化して、極低温下での追従性が低下するものがあります。この状態でダストカバー周辺に付着した雪が溶けると転舵時にダストカバー内に浸入し、継手部が腐食して摩耗し、ハンドル操作時に異音や振動が発生するおそれがあります。そのため、適切な点検、整備を行なわず、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、駐車場での転舵時や段差を降りた時に当該ジョイントが抜けるおそれがあります。

<改善の内容>
当該ダストカバー部に遮熱板を追加するとともに、ダストカバーを新品と交換します。また、当該ジョイントのダストカバーシール部を点検し、腐食が進行しているものは、当該ジョイントを新品と交換します。
nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 5

コメント 8

soraneko

ま、大事に至る前の対策ですから、一安心ですね。

ダストブーツの素材云々というより、「遮熱版」の追加という対策から、レイアウト上想定できた不具合だったように思えます。
何処のメーカーも「対候テスト」といって、過酷な気象条件や、振動、泥、石はねなどを与えて、「経年劣化」の確認をしているハズなんですが、開発スケジュールや予算がどこでも厳しいので、見逃されてしまったのですかね。


by soraneko (2012-10-16 18:56) 

ロックシップ

日産は比較的リコールをあまり聞かないので、比較的珍しい事例ですね。
サービスキャンペーンならそれほど重大な事例に至っていないので、まあ早急に対策してもらえれば全く問題ないのではないでしょうか。

先のT社の電装系リコールは50万台以上の大リコールなので、厳しいでしょうね。メーカー側の人間としては気の毒になりますが、お客様の安全が何よりも優先されますので厳然と対処してもらいたいと思います。

間違ってもどこかの会社みたいにロッカーの中に突っ込んで隠滅したり対処を怠ったりしないように…

by ロックシップ (2012-10-16 21:14) 

ももんが

トヨタの大量リコールに以前乗っていたラクティスが含まれていました。
あまり気分いいものではないですが、ちゃんと対応してもらえるのは安心ですよね。
車無し生活になってみるとリコールが無いのも寂しく感じます。
by ももんが (2012-10-17 19:56) 

とも

soranekoさん、こんばんは!
大事に直結する不具合ではなさそうだとは思いましたが、自分の愛車が不具合発生前に対策が完了できてよかったです。
なるほど、想定内の不具合の可能性があるのですね。遮熱版1つでも減らしてコストを下げたかったところでしたが、結果的にはかえって余計な費用となってしまったようですね。
by とも (2012-10-18 00:18) 

とも

ロックシップさん、こんばんは!
他社のリコールはもう少し多いのですか?日産は優秀なのか、単にリコールを認めないだけなのか…
まぁ、具体的な不具合が発生する前に対応していただければ(面倒ではありますが)構いません。仰るように隠滅だけは止めてもらいたいですね。大きな事故が起きたら取り返しがつきません。某社の件で勉強していると信じたいところです。
T社のリコールは大規模でしたね。やはり販売台数が違うので大変です。
by とも (2012-10-18 00:27) 

とも

ももんがさんへ
ももんがさんもリコールをくらった経験があるんですね。勿論、隠蔽されるのは言語道断ですが、安全のためとはいえ、やはり気分はあまりよくないですよね。
車のない生活…確かにあれば便利かもしれませんが、無しで済ませれば大きな節約ができ、その分をより豊かな生活に回す方が賢いのかもしれないとも思います。ウチの場合、駅に出るのが不便だったりして、特に家内の方が車を手放せそうにありません(苦笑)
by とも (2012-10-18 00:53) 

kanchi

ともさんこんにちは。

日産は優秀だからというのはナシだと思います。。

対象部位が重要保安部品かそれに近いところで、サービスキャンペーンでの対応というのはなんか考えてしまいます。

トヨタのP/Wかなにかのスイッチのリコールより重要な気がしますね。

私のクルマも以前にサービスキャンペーンで、エンジンのヘッド部の部品全交換したことありました。
by kanchi (2012-10-19 23:30) 

とも

kanchiさん、コメントありがとうございます。

> 日産は優秀だからというのはナシだと思います。。
やはりそうですよね(^^;

今回の部品について、自分はあまり深刻な物とは思いませんでした。メーカーが「大したことない」と言えば、詳しくない人は大抵信じてしまうことでしょう。結局のところはメーカーの良心に委ねられるところですので、少しでもユーザー寄りの対応をしてくれることを願うばかりです。

エンジンヘッド部の全交換ですか!それは凄かったですね。
かなり深刻な問題だったのでしょうね。
by とも (2012-10-21 22:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。