So-net無料ブログ作成
検索選択

トヨタの公開実験 [Car]

いよいよ、公開実験が実施されたようですね。

「欠陥がない」ことを証明をせよという無茶な命令に対し、トヨタがどう挑むのかがとても気になっておりましたが、なるほど!某教授が回路上に通常じゃありえない状態を作り出して実験しましたが、同じような状態を他社の車にも施すことで、同様の現象が起こるということを証明して見せたわけです。
まぁ、どうせ奴らは「トヨタは証明できていない」と因縁つけてくるとは思いますが…

トヨタはこのような分析を冷静に実施、公開していくことで、少しずつ世論を見方につけていくしかないかと思います。
あの国にも、良識のある人は決して少なくないと信じておりますので!

トヨタ、「意図せぬ加速」を再現
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100309-00000019-rps-sci

Toyota001.jpg
Dr. Shukri Souri
トヨタ自動車の米国法人米国トヨタ自動車販売(TMS)は、不具合が指摘されている電子制御スロットルに不具合が発生する実験を公開した。

2月22日(現地時間)にABCニュースで米国・南イリノイ大学のデイビッド・ギルバート教授がトヨタ車の「意図せぬ加速」を再現し、不具合を指摘、トヨタはこれを否定しており、今回トヨタ車と他のモデルの実車を使った再現デモンストレーションを実施してウェブサイトを通じて中継した。 トヨタとTMSは、エンジニアリング・コンサルティング会社の米エキスポーネント社に委託して行った調査と、トヨタで実施した試験結果を総合的に分析、ギルバート教授のデモは、車の配線に特定の手順を経て大幅な加工を施す必要があり、これらを実際の市場環境において発生させることは事実上不可能であるとしている。 また、ギルバート教授のデモでは、通常では起こりえない、トヨタ車の電子制御システムフルスロットル状態となるよう意図的に操作されているとしている。さらに今回のTMSのデモでは、他社の車両についても同様の現象が再現できたことを確認した。 トヨタは、ギルバート教授のデモは人為的に不具合を発生させる「手順と内容」で、市場での再現性に乏しく、トヨタ、レクサスの車両、または他社の車両に固有の欠陥があるという証拠にはならない、としている。 トヨタの内山田竹志副社長は、米上院通商・科学・交通委員会の公聴会で「各種の試験を徹底的に行っており、弊社の電子制御スロットル技術によって、意図せぬ加速は一度も発生していない、と確信している。将来、問題を起こし得る要素があれば特定に努め、その未然防止に徹する。また、電子制御スロットル技術の安全性をさらに確認するために、工学・科学の分野で世界でも有数のコンサルティング会社として知られるエキスポーネント社に独自の総合的な調査を依頼している」と述べた。 エキスポーネント社の調査の中間報告書はすでに議会に提出され、包括的な分析が完了した際、データとともに最終分析結果を公開する予定。(3月9日16時16分 レスポンス)
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 4

キキ

良識のある人ですかぁ・・・・・。
何と言うかこんなニュースも来ましたね。

htp://www.afpbb.com/article/economy/2708528/5475665

日本終了でしょうかね?
by キキ (2010-03-12 04:35) 

とも

キキさん、こんばんは!
ニュース拝見しました。凄いですねぇ~とても信じられません(-.-)
ただ、金を巻き上げてやろうとしか思っていないのでは?向こうの弁護士って、こんな奴らばかりなんでしょうか??
トヨタの信頼が回復して評価額が今以上に上がったら、差額を払いやがれって感じです(-_-;)
by とも (2010-03-12 23:00) 

ももんが

〇〇が無いと言う事を証明せよ
って言うのは本来不可能なので社会人が本気で公衆の面前で言ってはいけない事なんですけどねー。
アメリカの悪い面が噴出してますね。
by ももんが (2010-03-13 20:49) 

とも

ももんがさん、全く仰るとおりです。
「無い」ことの証明を求めている時点で、言い掛かりであること決定です(-_-;)
そういえば、米でテレビ放送された急加速の再現実験に捏造が発覚したらしいですね。加速している時にハンドブレーキ(だったと思います)のインジケータが点灯している映像は、実は停止しているときに撮影されたもので、意図して走行中の映像に挿入していたとか。
by とも (2010-03-13 22:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。