So-net無料ブログ作成
検索選択

9月5日の走行記録(朝練) [Bicycle]

ショップの朝練参加の第2回です。
今回は前回の3名に加えて1名が参戦。このお方はヒルクライムのエキスパートとのこと。人数が増えていよいよ楽しくなってまいりました。
というわけで、今回は少々アップダウンのある茂原方面へのランです。

ocr090905001.jpg

まだ暑さは残りますが、風がいよいよ秋らしくなってまいりましたね。自転車に乗るには気持ちがいい季節です。
前回が初の集団(3名でしたが?)走行だったのですが、回りに合わせて走るのがだんだんと苦にならなくなってきました。それどころか、風除けやモチベーションの面を考えると間違いなくプラスに作用していると思えます。今回は爽快なクルージングが楽しめました。

また今回はヒルクライムのポイントが何箇所かあったのですが、かなりキツかったです。かなり頑張ったつもりでしたが、ヒルクライマーの速いこと。ちょっと長い上りではあっという間に見えなくなってしまいました(^_^;)
今まで比較的平坦なコースを走っていた自分には、彼らの上りでの走りが少しは勉強になりました。

上りがあれば下りもあります。ダウンヒルは気持ちがいいですね!とてもスピードが出るので危険と隣り合わせ(自制心を持って臨まねば)ですが、病み付きになりそうです。まぁ、これが無ければしんどいヒルクライムなど、今の自分としては遠慮したいところです(^^;

走行記録
ocr090905002.jpgocr090905003.jpg
走行距離 85.35km
走行時間 3:23.04
平均速度 25.2km/h
最高速度 62.1km/h
平均ケイデンス 83rpm
最高ケイデンス 199rpm
*心拍系がどうやっても動作せず。早くもバッテリの消耗でしょうか…
nice!(5)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

nice! 5

コメント 14

キキ

ダウンヒル好きですか?
私は一般道路の下りは大嫌いですね(笑)。
飛び出しとか怖いし。
ダウンヒルならMTBで・・・・って、誘ったら駄目ですよね?
登りは吐きそうになるのが良いのですよ。
後、それに、登りきった時達成感とか。
多分、そのうち坂を見たら吸い寄せられる様になります(笑)。
by キキ (2009-09-06 00:28) 

soraneko

下り坂は楽しいですが、一般道では怖いですよね。
是非「もてぎ」に参戦してください!
思う存分下りの高速バトルが楽しめます。

ま、僕も上り坂は出来れば勘弁して欲しいですね。
ただ、競技以外で、インナーローでも歯を食いしばるような勾配でなければ、のんびり登っていくのは面白いなとは思います。

思いっきり後悔する事は間違いないのですが、いずれ乗鞍岳など登ってみたいとは思っています。

モチロン、減量が進んだ上での事ですが(苦笑)。


by soraneko (2009-09-06 19:13) 

響希

ヒルクライムのスペシャリスト・・・ときたので、もしやアップダウンのあるコースでは?と思ったら、まさにドンピシャ。ほとんどギア付きの自転車に乗った事が無い僕としては、ヒルクライムはとても無理!って印象です。
ともさんは慣れないとは言え、上手くギアを使いながら登られたのでしょう。爽快感のある今の時期、ダウンヒルで風をきって下るのは気持ちいいでしょうね。とは言っても、自制心なくしての走りは本当、危険そう。まぁ、ともさんなら状況判断も的確でしょうから、大丈夫でしょうね。文面から充実感が伝わってきます。
by 響希 (2009-09-06 20:40) 

とも

キキさん、こんばんは!
ダウンヒルは気持ちよかったです。おっしゃるとおり一般道では危険が伴うので怖いですが、今回走った道は見通しもよく、飛び出しの危険などもほとんどなかったので楽しむことができたのだと思います。今まで下り坂が楽しいと感じたことが少なかったのも、そういった環境を走る機会がなかったからなのでしょうね。
MTBの面白さはショップでも話を聞きました。絶対楽しいとは思うのですよね…でも、どっちつかずになってしまいそうなので、当分はロード一筋でいきたいと思います。

> 登りは吐きそうになるのが良いのですよ。
そうなんですか? 心臓が飛び出そうとするのを何度も飲み込みましたよ(>_<)
達成感があるというのは何となく理解は出来るのですが…

> そのうち坂を見たら吸い寄せられる様になります
そうなるにはまだまだ修行が足らないようです(~_~;)
by とも (2009-09-06 20:55) 

とも

soranekoさん、こんばんは!
前回の茂原での初体験から、レース参戦にはとても興味を持つようになりました。でも、参加者が殺気立つような本格的なレースはとても無理ですね。もてぎはどんな感じなのでしょうか?

soranekoさんも上りはあまりお好きではないのですね。

> のんびり登っていくのは面白いなとは思います。
soranekoさんの記事を拝見するには、かなりの足をお持ちなので楽しめるのでしょう。自分も早くそうなれたらと思います。
乗鞍は相当にハードらしいですね。今はチャレンジしようなんて気は全くありませんが、ロードのりの端くれとしては遠い夢として置いておきたいです。
by とも (2009-09-06 21:45) 

とも

響希さん、こんばんは(^^)
鋭いですね! 案の定、坂の多いコースを選んで走っていたようです(~_~;)
坂を上り慣れていない私にはシンドイ一日でしたが、同時にとても貴重な時間でした。
ダウンヒルは本当に爽快でした! 同時にスピードが出て危険も伴いますから、響希さんがおっしゃるとおり自制心が必要ですね。十分に注意して楽しもうと思います。
響希さんがウォーキング、私は自転車を楽しく健康的に続けられたらいいですね!
by とも (2009-09-06 22:25) 

soraneko

もてぎの「エンデューロ」の場合、初心者の参加も多く、耐久レースですから、極端に「殺気立った」競り合いも無く、自分のペースで楽しめると思います。
何より「集団走行」で、何時もは体験できない高速走行を長時間体験できるのは、本当に勉強になります。

モチロン先頭集団の入賞、あわよくば表彰台狙いのトップチームや実業団顔負けの人達は、相応の「競り合い」をしていますが、こちらの実力ではあくまで傍観者です。

僕の場合「自分試し」のつもりで、目標タイムを設定してチャレンジして楽しんでいます。

上り坂の場合、その優劣と負荷は、「重量」に支配されますので、僕のような「へビィ級」は、例え脚力が少しばかりあろうとも厳しいです。
でも、ツーリングとしてのロケーションは、山岳地に行きたいところが沢山有るので、「打ちのめされない」程度には、登れるようになりたいですね。

上りきって、山頂に着いた時の爽快感と達成感は最高なんですけど・・・。


by soraneko (2009-09-06 23:03) 

とも

soranekoさん、わざわざご説明いただきまして有難うございます。
もてぎエンデューロの件、大変参考になりました。私なんかでも十分に楽しめそうなのですね(^^) 状況が許されるならば是非とも参加してみたくなりました。

> ツーリングとしてのロケーションは、山岳地に行きたいところが沢山有るので
なるほど、そうなるとヒルクライムは避けられませんね。苦しい上りの後には絶景が待っていると考えれば頑張れるのかな!

by とも (2009-09-07 00:14) 

ももんが

下りの楽しみがあってこその上りだと思うのですが、世の中には上り坂が好きで好きでたまらない人もいるんですよね。
坂に目覚めてしまったらアッチの世界へ・・・。

私はブレーキに不安があるので平地中心で行きたいです。
by ももんが (2009-09-07 19:16) 

とも

ももんがさん、こんばんは!

> 下りの楽しみがあってこその上りだと思うのですが
私も同感です。上りきった達成感の後に待っている下りはより一層の楽しさを感じるものだと。

> 世の中には上り坂が好きで好きでたまらない人
確かにいらっしゃるようですね(^^;

ブレーキ交換ですが劇的な違いがありましたよ! 平地といえど、安全のためにも交換をお奨めしたいです。
by とも (2009-09-08 00:56) 

kanchi

こんばんは

坂に目覚め始めのかも?

1年後はラフェスタにゲギ逆用の激坂用のスプロケを装着した自転車乗せて、毎週末のように山に出張るようになったりして!

冗談はさておき、ヒルクライムのポイントがつかめれば、今後エンデューロなどの競技参加の際に役立ちそうですね。
by kanchi (2009-09-21 19:54) 

とも

kanchiさん

> 毎週末のように山に出張るようになったりして!
それはナイナイ…なんて言っていたのに、何時の日かおっしゃっている通りになっていたりして(^_^;)
まぁ、そのときにはkanchiさん(更にはsoranekoさんも!?)も巻き込みますので覚悟しておいて下さい!
by とも (2009-09-21 22:14) 

kanchi

ともさん、
私はサポートカーを運転して後ろを走りますね! そのときは無線機付けて雰囲気も出しましょう<笑>
by kanchi (2009-09-21 22:42) 

とも

kanchiさん、ダメです(-_-メ) 一緒に走りましょう!
なぁ~んて、今のところそれは考えられないので安心してください(^^)
by とも (2009-09-21 23:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。