So-net無料ブログ作成
検索選択

OCR3 追加アイテム ワイヤーロック編 [Bicycle]

8月26日のエントリー「OCR3 同時購入したアクセサリ」でご紹介したワイヤー錠ですが、注文していたものが届きました。

YPK Cafe 2.0
ocr080904005.jpg
ショップからお借りしていたホワイトに対し、汚れが目立つのではと思い、実際に購入したのはブラック。

使い方の詳細は、こちらのエントリーをご参考下さい。
http://tomot.blog.so-net.ne.jp/2008-08-26

先端の輪にワイヤーを通す動作が少々煩わしいと感じるものの、2mのワイヤーでフレームと前後ホイールに加え、支柱なども一緒にロックできるのは、とても画期的だと思います。

ただ、長さ2m、直径8mmのワイヤー錠は持ち運ぶのに嵩張るのも事実です。しかし、前後ホイールの固定を諦めて、一般的な短いワイヤー錠で妥協するのも不安でした。

そこで、追加したのがこれ

YPK Cafe 1.2
ocr080911001.jpg

そう、先に購入したCafe 2.0の弟分にあたる製品です。
基本構造やワイヤー径(8mm)は全く一緒ですが、ワイヤー長がCafe2.0の2mに対し、1.1mと短くなっています。その差は歴然で、かなりコンパクトに巻いておくことが可能です。

この長さでも、フレームを絡めて前後ホイールのロックは可能です。また、条件次第では下記のように支柱も一緒に固定できそうです。
ocr080922001.jpg

同時に、下記のアイテムも用意しました。

RIXEN&KAUL サドルアタッチメント
ocr080911002.jpg

これは、サドル下にワイヤー錠を固定しておけるアイテムです。
ocr080911007.jpg

サドル側のアダプタ取り付け箇所
ocr080911003.jpg
ocr080911004.jpg

ワイヤー錠にはアタッチメントを取り付け
ocr080911006.jpg
ocr080911005.jpg

ocr080911008.jpg
装着はワイヤー錠につけたアタッチメントを、サドル側のアダプタの溝に差し込むだけです。所定の位置まで通すとロックがかかります。
外すときは、アダプタにある赤いロック解除ボタンを押しながら、アダプタをスライドするだけです。

このアダプタは、RIXEN&KAUIのサドルバックなどと共通になっているので、将来的に同社のサドルバックを購入すれば、ワイヤー錠に代えて装着が可能です。

これのおかげで、ウエストポーチの重量を減らすことができました。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 2

響希

ロードバイクにいろんなアイテムが続々と登場ですね。充実度はラフェスタ以上かも(^^)/ なんにしても、盗難を考えると、ワイヤーロックは必須ですね。
by 響希 (2008-09-23 09:35) 

とも

響希さん、こんにちは!
自転車のパーツは車よりは安価ですし、作業も自分で出来る範囲が広いので、手を付けやすいです。
でも、コマゴマしたアイテムを揃えていくと、知らぬ間に結構な散財になってしまいます(>_<)
by とも (2008-09-23 10:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。